読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書が趣味って言いたい

元・大の読書嫌いが綴るあなたを読書好きにするブログ

読書時間ゼロ、大学生の5割に

こんにちは、ゆちこです!

 

Yahoo!トップニュースにこんな記事が。

 

読書時間ゼロ、大学生の5割に 増えたのはスマホの時間 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

学生時代に読書量ゼロだったの後悔して、今は年100冊は読むようにしてる。読書はハマれば面白いだけにもったいないなぁ。[読書]

2017/02/24 19:48

 ビックリですねぇ。

なにがビックリって今の大学生は読書量ゼロの人が半数ってこと・・・

 

ではなく、

そんな本嫌いでも読書が趣味って言えるくらいになるってことです!

 

おそらく、数年前だったらこの記事を読んでホッとしてたことでしょう。

「あ~みんなそうなんだ、そういう時代だもんね。」と。

恥ずかしい・・・そんなこと考えてる暇があるなら本読んどけば良かった(後悔)

 

スマホ中心の世の中、

例えば電車の中で本を開いている人は少数派で、

読書している人よりもスマホゲームをしている人の方が圧倒的に多いです。

だからなのか、本を読んでいる人がカッコいいなどという

謎の付加価値まで付いている様子。

私も電車内で読書している人が頭良く見えて仕方がない時期がありました。

背筋を伸ばして真剣な眼差しで静かにページをめくる姿を見て、

すごいなぁカッコいいなぁなんて本気で思ってました。

それが初老の方でも若い女性でも怖そうな人でも。

 

ホント何なんですかね、この読書離れは。

読書に対してハードルが高すぎるんじゃないでしょうか。

慣れればスマホ時間削ってでも読まなきゃ損って思えるのに。

百害あって一利なし、の逆でメリットづくしなのに。

 (以前の記事→読書することのメリット - 読書が趣味って言いたい)

 

さてさて、読書をはじめた初期の頃。

読書ってしておいた方がいいな、いやむしろしなきゃマズイな、と

良い意味で危機感を持ったきっかけは、

テレビにもよく出ているこの人の本でした。

 

 

一昔前まで本を読まないのは恥ずかしいことだったということ、

そして現在の読書離れが異常なものなんだということに気づかされます。

あと、読書入門編として初心者でもとっつきやすい本の

一覧が書かれているので非常に参考になりました。

 

読書デビューってなに読んでいいか本当に迷っちゃいますから。

ざっくりとオススメの本!とか

様々なジャンル別のオススメの本!の特集は数あれど、

読書自体初心者にオススメの本って意外と表に出てない。

私自身はこの本に書いてあるラインナップに非常に助けられました^^;

何から読んでいいか分からない人

とにかくハズレなしの鉄板の本を読みたい人は、

まず手始めに、読んでみてはいかがでしょうか。