読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書が趣味って言いたい

元・大の読書嫌いが綴るあなたを読書好きにするブログ

幸せは97%で

こんにちは、ゆちこです!

 

今日の読書はこの本を。

f:id:enjoyand238:20170219212436j:plain

岸本葉子 幸せは97%で

 

日常の悲喜こもごもを綴ったエッセイです。

タイトルの97%は、完璧な幸せまでもう一歩、

だから小さな幸せを感じられるということなのでしょうか。

そのタイトル通り、毎日の暮らしを楽しみ愛でる様子が書かれています。

 

エッセイは得意不得意あると思いますが、

何の変哲もない日常を楽しむエッセンス満載のものは、

読むと心が温まりますね。

豪華じゃなくていいから出来たてのごはんを作ろうと思ったり、

懐かしい友達に会いたくなったり、

ちょっとお部屋をきれいにしたくなったり・・・

心にポッと灯のともるような本でした。

 

年を重ねると毎日がだんだんと早く過ぎていくと言われます。

もしろん体感時間の話ですが。

その早さのままに流されるのも悪くないけれど、

そんな中にこそ、自分だけの穏やかな時間が必要です。

この本には人間の生きる上での基本、

食べることや眠ることでの

工夫や楽しみ方が書かれています。

基本的だけど決して疎かにしてはいけない部分を

愛おしみながら暮らすことで基盤が安定し、

人生がより豊かになっていくのだなぁと感じます。

 

人間は幸せをとにかく追い求める生き物です。

求めて求めて求めまくる。

あたかも今、幸せじゃないみたいに。

上昇志向はいいことだけれども、

「現状を肯定する」こともそれと同じくらいに大事なことかなと思います。

分かりやすく言うなら、

明日の幸せを案じるよりも今日のこの時を幸せに思う。

この方がずっと幸せに思えます。

幸せのハードルは低いに越したことないですね(笑)

世界一幸せな国といわれるブータンの人たちは、

幸せを感じるのが上手ななにかがあるのでしょうかね~

 

いずれにせよこの本のタイトルが

100%じゃなく97%というところがニクいです。

完璧じゃない方が

幸せを探すのが上手くなるのでしょうか。