読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書が趣味って言いたい

元・大の読書嫌いが綴るあなたを読書好きにするブログ

読書することのメリット

こんにちは、ゆちこです!

 

元・大の読書嫌いが、今は無類の読書好き。

そんな私が不定期でお送りする『読書嫌い撲滅キャンペーン』のお時間です。

 

巷では『読書推進キャンペーン』や『読書推進月間』などよく溢れていますが、

読書が嫌いだった頃は、その文字を見るたびに吐き気がしていました(笑)

どうして読まなきゃいけないのか。

あなたのタイミングで。

今こんなに忙しいのに。

まさに推すなよ推すなよ、絶対に推すなよ状態でした。

 

その強制力が何とも苦痛でしたので、

「推進」という言葉は使わないと心に決めました。

自分がされて嫌なことは、人にはしない。

小さいときに教えられましたよね。

読書嫌いの仲間にそんな悪いこと、しません。

(「撲滅」の方が強いんじゃ・・・というご指摘はご勘弁くださいm(__)m)

 

 以下のキャンペーン内容は

読書好きな人には「あ~そうそう、それな!」と

読書嫌いな人には「えっそんなに読書って楽しいの?僕(私)も始めちゃおっかな☆」

と思ってもらえることを希望的観測で願っています。

 

それでは『読書嫌い撲滅キャンペーン』第一弾!

私が実体験した読書することのメリットをご紹介したいと思います。

 

★メリット

①様々な人と出会え、経験を教えてくれる

本の中では偉人がいたり、あなたの先生になるような人がいたり、

気の合いそうな友達がいたり、はたまた底知れぬ悪人がいたりします。

その各人が体験して得た教訓を、

物語に全然関係ない私たちに教えてくれるんです。

これ、かなりラッキーじゃないですか?いいとこどり。

現実世界で大人になって何かを教えてくれる人ってそんなにいなくなりますよね。

だからいつも思います。

「先輩、貴重な体験談を教えてもらっちゃってすいやせんね、へへ」

 

②語彙力が増える

本を読むと知らない言葉ばかり出てきます。

新しい言葉を知ると何だか自分が賢くなったような気がして気持ちいい。

ついつい会話に使いたくなりますが、

読書嫌いがそこで急に賢ぶるとバレますし恥ずかしい思いをするので程々に(笑)

新出語句を恥ずかしがることなく自然に使える日を信じて読んでみましょう。

 

③ストレス解消

これは実際に感じることですし、様々な実験でも証明されているようです。

音楽を聴いたり散歩をするよりストレスを解消する効果があったとか。

人間は常に何かを考えていて、

考え続けるとそれがストレスになったりしますよね。

文字を追うことで意図的にオフにすると、自分の思考はストップします。

考えるのを強制的にやめることでストレス解消になるという訳です。

しかも、6分でいいとのこと!6分なら時間作れそうにありませんか?

他の誰のためでもなく、自分のためだけに。

 

以上が大まかなメリットです。

他にも、電車で読書している人はなんか絵になる!とか

読書好きってだけで無条件に素敵だなぁ!とかありますが、

今回は関係ないので割愛させていただきます(笑)

 

『読書嫌い撲滅キャンペーン』第一弾いかがでしたか?

少しでも(6分でも)本を開いてみようと思っていただけたら嬉しいです!

 

今後も不定期でキャンペーン開催しますので、乞うご期待^^